ネクサス5xの購入と価格! 〜ネクサス6pの購入と価格も〜 http://thinkbrushy.biz/ おもろまち 脱毛

 

高倉健さん追悼コラム!

追悼、高倉健特別企画! 〜ホタル〜

 

 

 

 

 

 

 

 

吹雪のホームに立ち尽くす高倉健の姿が、

人々の共感を呼び大ヒットした、『鉄道員』 の翌年、

特攻隊員の生き残りを主人公にした映画、『ホタル』 が製作された。

 

 

 

 

鹿児島の果てで、激動の時代の傷跡を背負って、

静かに暮らす夫婦の出会いと運命を、

優しい眼差しで描き上げたこの感動巨編は、多くの人々の涙を誘った。

 

 

 

 

特攻隊員として戦火に散った、韓国人の姿も取り入れたことは、

日韓両国の今後を予感させる壮大なエピソードとして、

今も多くの人の心に残っている。

 

 

 

 

特攻隊の生き残りということが、

高倉健の演じる主人公のバックボーンにあるものの、

物語の主な部分は、田中裕子演じる妻との夫婦生活であり、

余命いくばくもない妻を、力強く支えて生きる男の姿である。

 

 

 

 

妻は、死んだ特攻隊員の韓国人の許嫁だったことから、

その特攻隊員の遺品を、彼の故郷まで夫婦で届けに行く姿は、

これまでの日本映画では描かれてこなかった、古くて新しい部分だ。

 

 

 

 

一人の男の生き方が歴史も国境も超えた、

新しい時代の光になる姿は、フィクションであるとはいえ、

映画の持つスケールの大きさと、影響力を感じずにはいられない。

 

 

 

 

鹿児島湾や桜島など、美しい日本の四季を、

丁寧に描き出しているところも素晴らしく、映画に深みを与えている。

 

 

 

 

時代に翻弄されながらも、ひたむきに前へ進もうとする夫婦の姿は、

これからの時代を生きるすべての人に、深い共感と感動、

そして確かな勇気を与えてくれると信じたい。

 

 

 

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ